雑記 PR

インティマシー・コーディネータとは?なるには資格がいる?意味やどんな人がなっているのか調べてみました

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「インティマシー・コーディネーター」というワードが話題になっています。

そこで今回は意味やどんな人がその仕事をしているか?

調べてみました。

インティマシー・コーディネーターの意味

インティマシー・コーディネーターとは映画やドラマなどで性的な描写をする際、俳優や制作スタッフが安心して作品づくりに取り組めるよう、肉体的、精神的にサポートするこの仕事のようです。

近年、日本の映像作品でも起用されるケースが増えているそうです。

日本人初のインティマシー・コーディネーターの誕生

そんなインティマシー・コーディネーターですが、実は日本人でその職に就いた人は2020年が初めてのことのようです。

浅田智穂さんといい、2020年にNetflix映画『彼女』に参加して以降、数々の話題作で手腕を奮っているそうです。

インティマシー・コーディネーターは具体的にどんな仕事をするの?

簡単に言うと、俳優さんと監督の間に入り、シーンの妥協点などを見つけていく仕事のようです。

台本を読み、性的シーンを抜粋し、具体的にどのようなことをやるかを監督に聞き、その具体例を俳優さんにしっかり伝え、作品のためにいい落としどころを見つけることをするようです。

台本を丁寧に読み、ヌードや性的な描写を中心に気になるシーンを抜粋します。

ト書きだけでは分からない状況や動きなどを監督に聞いて、どのような描写のシーンなのかを確認します。

その後、俳優の皆さんに描写を細かく説明して、できるかどうかを確認して同意を得る。

どこまではできて何ができないのか探っていくと、「これだったら監督の要望がかなえられる」という落としどころが見えてくる。

引用元:https://woman-type.jp/wt/feature/34335/

さらに本番中はモニターで映り方に問題がないかなどを確認し、懸念や認識の違いがあれば監督や制作側に伝えたりするようです。

インティマシー・コーディネーターになるためには資格が必要

インティマシー・コーディネーターになるためには、資格を取得する必要があるようで、浅田さんは、アメリカのIPA(Intimacy Professionals Association)のトレーニングプログラムをオンラインで計50時間ほど受講しテストに合格し、なれたようです。

IPA(インティマシー・プロフェッショナルズ・アソシエーション)はインティマシーコーディネーターの育成、プロフェッショナルなインティマシーコーディネーターの派遣、コンサルタントなどを行う世界発のエージェンシーでもあり、教育機関です。

引用元:https://intimacy-co.jp/about/

現在は日本にもインティマシー・コーディネーターを育成する機関が存在するようです。

インティマシー・コーディネーターJAPAN公式サイト:https://intimacy-co.jp/

ギャラや年収はどのくらい?

ギャラや年収はどのくらいか調べてみましたが、具体的にはでてきませんでした。

ただ前例のない仕事だけに、ギャランティーの交渉に苦労することもあると浅田さんが答えています。

声を上げにくい駆け出しの俳優が多い現場にこそインティマシー・コーディネーターが必要だと考え、低予算な作品の相談に乗ることもある。

引用元:https://woman-type.jp/wt/feature/34335/

こういったこともあるようで、具体的なお金の話はできないのでしょうね。