声優養成所関連

声優業界は他の業界より運が必要という話

 

今回は、声優業界は他の業界より運が必要という話です。

 

運も実力のうちと言いますが、この声優業界は特に運が強くないと売れるのは難しい業界なのかなと思います。

 

実力だけで売れっ子になるのは難しい

アスリート、芸人さん、ミュージシャンなどにももちろん運は必要です。

ですが身体能力を鍛える、おもしろいネタをとにかく作る、耳に残る曲を作るなど自分の努力と実力と才能で結果を大きく手繰り寄せることは少なからず可能です。

 

しかし俳優や女優さんにも言えることですが、この声優業界は自分の実力以上に出演した作品にも影響される仕事なんですよね。

ハルヒくらいからなのかな、京アニのアニメで起用された声優さんは無名からその後、爆発的に売れる人が多かったですよね。

 

失礼な話ですが、今も小さな劇団に所属したり、バイトをがんばりながらオーディションを受けている声優さんの中には、その売れた人たちより確実に演技がうまい人はいたりします。

でもきっかけがないから売れっ子になることができていません。

 

こういうことからも演技の実力のみで売れっ子への道を手繰り寄せるのは難しいことがわかると思います。

 

個性も出しにくい

実力や個性がわかりにくいというのもあるかもしれません。

すごく大雑把に言えば若手の声優の声はアニメをしょっちゅうみるような人じゃない限り、男女ほとんど同じ声質で違いがわからないですからね。

興味のないアーティストの曲とかどれも同じような曲に聴こえますよね?

アレと一緒のようなものです。

 

実力で差をつけたいがプロになるような人はみんな最低限の滑舌と演技力は持っていますし、その最低限ができていればあとはその作品を見てもらうために知名度のある人を抜擢する。

だから毎回同じようなキャスティングになったりします。

 

若本さんとかそのレベルの個性的な声やクセがあれば差別化をはかれると思いますが、昔のようにそういう個性的な声を求める作品も減っていてなかなかそういうこともできないですよね。

 

運を引きよせる方法はあるのか

しかし運は自分から引き寄せることも多少はできます。

1つの方法として業界関係者にとにかく顔を覚えてもらうということ。

特に女性は外見に自信があるなら笑顔で挨拶するだけでもだいぶ違いますよ。

愛想がいいだけで噂がたち、それが音響監督の耳に入り会って演技をみてみたいなんてことも……

ここからどうするかは自分の考え次第ですが、とにかく運を引き寄せるには男女関係なく人との繋がりを大事にすることです。

 

そして一緒に仕事をしてみたいと思わせる人間性、これが運を引きよせるコツなのかなと思います。

 

売れてる声優さんで一匹オオカミの無愛想な人なんて100%いません。

色んな人に好かれる人間になることが運を引き寄せます。

風水やスピリチュアルなど非科学的なものに頼れとは言いませんが、現実的に自分で運を引き寄せられる人間関係は気を遣いましょうということですね。

 

根は暗い人も声優として飯を食っていくならしんどいことですが、家の中以外は「誰にでも好かれる自分」を演者としてやってみる感覚で過ごしてみましょう。

 

今回は以上です。