声優養成所関連

有名になりたいから声優を目指すはありなのか?

 

今回は、

「有名になりたいから声優を目指すことはありなのか?」

というテーマで書いていきます。

 

声優志望の人は年々増えています。

しかしそれだけ多いとアニメが好き、演技が好きだからという理由で志望している以外の人もいたりします。

特にTwitterなどではあれにもなりたい、これにもなりたいなどと夢を2つも3つも掲げているような人もいます。

今回はそんな人らの1つの理由であろう有名になりたいからという意味で声優を目指すのはアリなのかを考えてみたいと思います。

 

個人的にはありだと思う

僕個人の言い分としては、ありだと思います。

しかし声優さんが好きな人には、

・そんなことで声優を目指すな

・声優という職業を舐めているのか

と思う方もいると思います。

しかしこういった意見もその人が実際にどういう行動をとっているかで印象が変わると思うんですよね。

そのことを少し説明していきたいと思います。

 

なぜありだと思ったのか?

僕がありと思った理由は、動機がどうあれ、声優という夢に本気でぶつかっていってる人ならなんでもいいと思うからですね。

例えば、

声優が好きで、なりたいと口では言っているものの、具体的な行動もしないでTwitterでお気持ちだけ表明し、意識の高い言葉や耳障りのいい言葉が並べられただけのツイートをリツイートしている人

と、

有名になるための手段として声優になると決めたが、即座に養成所に入所するなどの行動に移し、時間があれば演劇を観たり、本を読んで技術の引き出しを増やし、毎日発声練習を欠かさずこなしている人

どちらが声優という職業に真摯に向き合っていると思いますかね?

僕は後者の人のほうが声優を舐めていない人のように思います。

 

動機は何でもいい。

問題は目指してから本気になれるかなれないか。

そこなのではと思います。

 

今回なぜこんな記事を書いたか

しかし、今回なぜこんな記事を書いたのか。

それは昔、上に書いたような行動しない口だけ意識高い人が、SNSで有名になりたいから声優養成所に入ったという人を叩いてたことを見かけたことがあったからですね。

以前上げた記事のために養成所時代のことを思い出していたら、このことを思い出したので記事にしてみたということです。

ちょっと記事の意味としては薄いかもしれませんが行動することは大事だなーって思ったのもありますね。

 

ただ今の時代で有名になりたいなら

単純に何もない人が目指せる手段の1つとして声優はアリだと思いますが、最近は容姿も重要になってきているというのはありますね。

容姿が良くないと今の時代、売れるのは不可能に近いと言ってもいいかと思います。

「声優に容姿は関係ない」はウソという話...

容姿がイマイチの場合はお笑い芸人のほうがチャンスは増えるかもしれません。

ただそのお笑い芸人も最近はバラエティの減少でテレビでネタを披露する機会が減ってきているのも事実です。

また「笑い」というのは大変難しい分野でもあります。

そういう意味で考えると有名になるには今の時代やはりYouTuberが最高の手段になるんですかね。

工夫次第で顔出しなしでも有名になることはできます。

ただ何でも言えることは声優でもお笑い芸人でもYouTuberでもそれぞれ戦略や勉強、努力や継続力は絶対必要ということですね。

何をやるにしても行動し努力することが可能性を広げるんだと思います。

 

今回は以上になります。